スポンサーリンク

鼻根筋とは?種類や役割、トレーニング方法を解説

鼻根筋とは?

鼻根筋とは?

鼻根筋とは、鼻の付け根にある筋肉のことを指します。正式名称は「鼻根筋群」といい、主に鼻の形状を変える役割を持っています。

鼻根筋群には、大きく分けて2つの筋肉があります。1つは「鼻根筋」と呼ばれる筋肉で、もう1つは「鼻骨筋」と呼ばれる筋肉です。鼻根筋は鼻の付け根を上げ下げする役割を持ち、鼻骨筋は鼻の形状を変える役割を持っています。

鼻根筋群は、表情筋の一種であり、感情表現にも関わっています。また、鼻根筋群を鍛えることで、鼻の形状を整えることができるとされています。具体的には、鼻根筋を鍛えることで鼻筋が通った印象的な鼻を作ることができます。

鼻根筋群を鍛える方法としては、口を閉じた状態で鼻を膨らませる「鼻筋運動」や、鼻の穴を広げる「鼻のストレッチ」などがあります。ただし、鼻根筋群は比較的小さな筋肉であるため、過剰なトレーニングは逆効果になることもあるため、適度なトレーニングが必要です。

鼻根筋の種類と役割

鼻根筋の種類と役割

鼻根筋には、主に2つの種類があります。一つは「鼻根筋上部」と呼ばれる筋肉で、もう一つは「鼻根筋下部」と呼ばれる筋肉です。

鼻根筋上部は、眉毛の上に位置する筋肉で、眉毛を上げる役割を持ちます。また、この筋肉が発達することで、目元がパッチリとした印象を与えることができます。

一方、鼻根筋下部は、鼻の根元に位置する筋肉で、鼻を上げる役割を持ちます。この筋肉が発達することで、鼻筋が通った印象を与えることができます。

鼻根筋は、表情筋の一つであり、普段から意識することはあまりありません。しかし、鼻根筋を鍛えることで、顔の印象を変えることができます。

鼻根筋を鍛える方法としては、眉毛を上げるトレーニングや、鼻を上げるトレーニングがあります。眉毛を上げるトレーニングでは、鏡を見ながら眉毛を上げた状態をキープすることで、鼻根筋上部を鍛えることができます。鼻を上げるトレーニングでは、鼻の下に指を当てた状態で、鼻を上げるように力を入れることで、鼻根筋下部を鍛えることができます。

鼻根筋を鍛えることで、顔の印象を変えることができるため、美容やコスメの分野でも注目されています。

鼻根筋のトレーニング方法

鼻根筋のトレーニング方法

鼻根筋は、鼻の根元にある筋肉で、表情筋の一つです。この筋肉を鍛えることで、鼻筋が通った印象的な顔立ちを作ることができます。

鼻根筋を鍛える方法は、以下の通りです。

1. 鼻根筋を意識して口を閉じた状態で、鼻の穴を広げるように息を吸い込みます。その後、鼻をしわくちゃにして、息を吐き出します。この動作を10回繰り返します。

2. 鼻根筋を意識して、鼻の穴を広げるように息を吸い込みます。その後、鼻をしわくちゃにして、息を止めます。この状態で、鼻根筋を意識して、鼻の穴を引き締めるように力を入れます。この動作を10秒間続けます。

3. 鼻根筋を意識して、鼻の穴を広げるように息を吸い込みます。その後、鼻をしわくちゃにして、息を吐き出します。この状態で、鼻根筋を意識して、鼻の穴を引き締めるように力を入れます。この動作を10回繰り返します。

これらのトレーニングを毎日続けることで、鼻根筋を鍛えることができます。ただし、無理をして筋肉を鍛えすぎると、逆にしわやたるみの原因になることもあるので、適度なトレーニングを心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました